FC2ブログ

市場の動揺続く、東京株は191円安の1万2241円

市場の動揺続く、東京株は191円安の1万2241円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080314-00000036-yom-bus_all

こんばんは
あおいちゃんです
先週は円高の心理的節目の100円をわれたため
それに関するニュースばかりが目立ちました。
「やまない雨はない」
のと同じで
「ずっと続く円高はない」
と思っています。
しかも、ドルに対してのみ円高進行で
それ以外の通貨に対しては
それほど大きな円高ではありません。

桜が咲く頃には
105円ぐらいで
推移してくれていると
私は嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・<記事全文>・・・・・・・・・・・・・・・
14日の東京外国為替市場は、米国景気の減速懸念を背景にしたドル売りが止まらず、円相場は一時、1ドル=99円84銭まで上昇し、連日の99円台突入となった。

 朝方は上昇していた株式市場も午後には下げに転じ、日経平均株価(225種)の終値は前日比191円84銭安の1万2241円60銭と、約2年7か月ぶりの安値となった。

 投資家の不安心理は根強く、市場の動揺が依然収まっていないことをうかがわせた。

 来週は、18日に米連邦準備制度理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれるほか、米国の2月の住宅着工件数など重要な経済指標の発表が控えている。米大手証券会社の決算発表も相次ぐため、市場は神経質な展開が続きそうだ。

 この日は、米格付け会社が、サブプライムローンに絡む米金融機関の損失拡大が収束に向かっているとの見方を示したことを受け、円相場は朝方、1ドル=101円05銭まで円安が進んだ。

 しかし、投機筋などから、徐々にドル売りが膨らみ、その後、5時間あまりで一気に1円以上も円高が進む荒っぽい展開となった。結局、午後5時、前日(午後5時)比10銭円安・ドル高の1ドル=100円27~30銭で大方の取引を終えた。

 三菱東京UFJ銀行の橋本将司氏は「市場の混乱は続いており、欧米の金融機関の追加損失懸念もくすぶっている。市場参加者が米景気の下ぶれに対する思いを強くしている状況に変わりはない」と指摘する。市場では「基本的にはドル売りの流れは変わっていない」との見方が強く、週明け以降も、経済指標の内容などに敏感に反応する不安定な展開が続くとみられる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト



この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示