スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重要指標で両建て大作戦

今回の裏技は、重要指標前に使えるものです。

『重要指標発表前に「買い」「売り」両方建てる』

そして、30~50pipsのところにストップを入れる
そして、ストップしない方で70~100pips獲得する。

それでは、ポンド円で例を使って見てみましょう。

ある日

18時30分「英国物価指標発表」の予定あり

そんな日の

18時25分頃 
208.58円で「買い」
208.50円で「売り」
(8pipsのスプレッド業者使用)

すぐに

208.58円の買いには、208.28円ストップ売り
(約定で30pips損)

208.50円の売りには、208.80円のストップ買い
(約定で30pips損)

そうこうしてすると
重要指標が発表になります。

すると、どちらかに大きく動きだすことが多くあります。
例えば、重要指標が予想より好景気だということ
円安ポンド高に動いた場合

209.28円になった場合
(70pipsの動き)

208.58円の「買い」が、70pips獲得
208.50円の「売り」は、ストップにひっかかり、30pipsの損

トータル
40pipsの獲得

ポイント
①重要指標発表後は大きくどちらかに動きやすい
②必ずストップをいれること

です。
アナリストや予想家さんは、
重要指標発表前にどちらに動くか予想しますが
当たる時も当たらない時もあります。

例えば、予想家さんが

「指標は、上昇傾向のため円安にふれると予想」

としてて、実際に指標も上昇。
しかし、円高へ。
そんな場合は

「市場はすでにこの指標を予想して織り込み済みだった」

といえばお金は損しません。
給料もらえますし。
しかし、この言葉を信じてFX取引してたら
お金を損します。

どちらに動くのかは分からないけど
大きく動くだろう

そこをうまーく利用した裏技でした。


もちろん、大きく動かなくて
ダブルパンチを食らってしまうこともありますので
取引の時はご注意を。

それでも、うまくいくことのほうが多いですよ。

FX業者の徹底比較
言い訳しないブログを探せ




スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。