スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワップを逆手にとる作戦(裏技)

スワップ派をうまーく出し抜く裏技です。

スワップ金利を貰うためには
ある時間を経過することが必要です。

例えば、セントラル短資の場合
NYのクローズ時間(冬時間の場合、日本時間で朝7時)の時点で
持っているポジションについてスワップ金利が発生します。

また、FXプライムなんかでも
同様だと思います。

しかし、GFT系と呼ばれるFX会社は
スワップ金利の付く時間が違います

例えばAFT-FXダイレクトトレードの場合は、
NY時間午後3時を超えたポジションに
スワップポイントがつきます。
この違いに目をつけました。

スワップ金利狙いの人達は
通常のスワップポイントがつく時間
(つまり日本時間7時前)
に高金利通貨の「買い」に走ります。
(GBPJPYやUSJJPY,EURJPYがおすすめです。)

そして、7時をまたいで「売り」にきます。

そのため、6時59分にGFT系のFX会社で
(つまりAFT-FXで)
「売り」ポジションを持ち(スワップ金利発生しない)
7時をまたいで、10~30pipsとれたところで決済する

それだけでかなりのpipsが獲得できます。
早起きはお得です。

しかし、すぐに逆に動くこともあるため
早めの決済をおすすめします。

また、通常の3倍のスワップ金利がつく
木曜日はさらにおいしいです。

上手に利用しましょう。

ポンド円ランキングに参加しています。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
FXで日本脱出
とっても立派なブログですね。
参考にさせて頂きますね。

また、お伺いしま~す
pegasasu88 | URL | 2008/04/08/Tue 21:52 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。