FC2ブログ

青森産熟成黒にんにく

2007/11/01  CATEGORY/その他

青森産熟成黒にんにく
のご紹介

にんにくで気になること
それは口臭

それが気になるために、今日は食べるのをやめようかなって
思うことすらある。


このにんにくの口臭は残るのか?

熟成させることによって臭いの原因となる揮発性のイオウ化合物、アリシンが減るため、食べた後に吐息とともに体内から臭ってくるニンニク特有の不快臭が全くありません

ということだそうだ。
すばらしい。
いいことづくめだ

下にはそのHPからの紹介記事をコピーしておく

一九九〇年、米国国立ガン研究所がスタートさせた「デザイナーフーズ・プログラム」。これは食品の有用性を確かめていこうというプロジェクトで、その中でもにんにくはトップクラスの評価でした。
にんにくには、アリイン、カリウム、カルシウム、ビタミンB1、B2、ビタミンCなどが多く含まれています。これらの成分から古代エジプトではその薬効を高くうたわれ、現代では身近なハーブとして暮らしの中に溶け込んでいます。

さらにパワフルにさらに美味しくした「黒にんにく」

にんにくとは、今や全国ブランドに成長した青森県「福地ホワイト」種にんにくを海洋深層水に漬け込んで丸ごとじっくり熟成させたものです。力強い黒色をしているものの、フルーティな甘酸っぱい味となっています。

しかし特筆すべきはその成分。当時、弘前大学医学部保健学科の教授だった佐々木先生により、生にんにくに比べて次のような結果が得られました。

●ポリフェノール・・・約5倍
●SOD活性・・・・・約4倍
●脂肪燃焼系アミノ酸・・・約20%増
●疲労回復系アミノ酸・・・約2倍

この他にも様々な驚くべき結果の差がありました。
この魅力のパワーを身体に負担のかからないカプセルにしたのが「熟成黒にんにく」です。


スポンサーサイト



この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示