スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もうイヤだ!」と思ったとき読む本

2007/06/24  CATEGORY/その他
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本 会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
斎藤 茂太 (2004/01)
あさ出版


株の本ではありせんが。
相場が「もうイヤだ!」と思ったときに。

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト


テーマ : システムトレード - ジャンル : 株式・投資・マネー

何のために働くのか

2007/06/20  CATEGORY/その他
何のために働くのか 何のために働くのか
北尾 吉孝 (2007/03)

この本に出会えてよかった。
なんのために働いているの?
生活のため?
お金のため?
彼女のため?
子供のため?
自分のため?

非常に読みやすい語り口で書かれているこの本は
とても素晴らしい1冊だった。
北尾さんのほかの本まで読もうという気にさせてくれた。

なんのために、日経225で先物取引やっているのだろう。
なんのために。

致知出版社
この商品の詳細を見る

株を極める! システム売買 プロのノウハウ

2007/06/20  CATEGORY/その他
株を極める! システム売買 プロのノウハウ 株を極める! システム売買 プロのノウハウ
照沼 佳夫 (2006/02/28)
日本実業出版社


結論から申し上げると
「具体的なシステム売買の方法を、
定価1800円の本では教えてくれない。」
残念ながらこの本を見て、
即実行にうつすには少し無理があるように思う。
SPS研究所というサイトに行けば、
著者がこの本で書いている自動売買システムを
導入することができるみたいだが、
いかんせん値段が高い。(1年で50万円とか)
それなりに、お金がある人で、
人を信用してついていける人は良いかもしれないが、
①お金がそれなりにない人
②人を信じきれない人
には、なかなか難しいのではないだろうか。

しかし、
システム売買と投資家心理の関係なども言及されており
1度は読んでみるのもいいのかも知れない。
私はこの本のおかげで、
投資家心理探索の第一歩を踏み出した気がする。

ただ正直なところ、損した気分が強い本ではあった。

この商品の詳細を見る


テーマ : 株式日記 - ジャンル : 株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。