FC2ブログ

葉っぱ1枚あればいい

2008/06/27  CATEGORY/本
そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生そうだ、葉っぱを売ろう! 過疎の町、どん底からの再生
(2007/08/23)
横石 知二

発破を売る本ではない。
発破を売るということは、中東を相手にしているわけで
このような優しい顔のおばあさんが売ってはいけない
世界平和を乱す。

ではなく、葉っぱを売ることを生きがい&ビジネスにした著者の体験談である。

20代からガムシャラに働き
「彩」というビジネスを展開し成功させた著者

自分の限界を自分で早々に決めて
なんでもあきらめてしまっている私自身にがっかりした。
80歳をすぎても、生きがいをもって
生きている上勝町のおばあちゃんには
感動した。

ビジネスは言われてやるもんじゃない。
自分からやるもんだね

商品詳細を見る


応援クリックお願いします。
時事ニュース
スポンサーサイト



2007年度心に響いた本ベスト2

2007/12/27  CATEGORY/本
人を動かす 新装版【第1位】人を動かす 新装版
(1999/10)
デール カーネギー、Dale Carnegie 他

商品詳細を見る
もう一度買ってもいいと思えるぐらいの良書
「人を動かす」
というとなにか尊大な印象を受けるが
けっしてそんなことはない。
どうしたら、よいコミュニケーションがきずけるか。
そこに着眼点がおかれている
昔の本の新装版だがいいものはいい。

何のために働くのか【第2位】何のために働くのか
(2007/03)
北尾 吉孝

商品詳細を見る
この本に出会えてよかった。
なんのために働いているの?
生活のため?お金のため?
彼女のため?子供のため?自分のため?
非常に読みやすい語り口で書かれているこの本はとても素晴らしい1冊だった。北尾さんのほかの本まで読もうという気にさせてくれた。
なんのために日経225で先物取引やっているのだろう。
なんのためにFXをやっているのだろう。
なんのために株をやっているのだろう。
なんのために。

ポンド円

これは☆3つです

2007/12/27  CATEGORY/本
レバレッジ・リーディングレバレッジ・リーディング
(2006/12/01)
本田 直之

商品詳細を見る
表紙がとてもいいですね
すごく魅力的です
中身は本を読む上で必要な心構えがかかれていた
たしかに本を読むことが投資というのは納得
著者には「レバレッジ」シリーズが他にもあるので
ちょっと読んでみたい

ポンド円

☆は2つしかつけませんでした

2007/12/27  CATEGORY/本
働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術 (講談社+α新書)働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術 (講談社+α新書)
(2005/12)
野村 雅道


スワップ金利をしっかりとリスク管理をした上で獲得しましょうという話
残念ながらそれほど新しい情報には出会えなかった。
が、基本にたちかえれたと思う。
題名には毎年1000万円とあるが、
著者はそこまでお金オンリーで追いかけてる感じがなく
豊な人生とは何かを
ところどころ教えてくれるところがいい。

例えば、10%の年利なら
年収300万程度をゲットするためには
税金とか考えなければ
3000万円の軍資金があればいい。

レバレッジ2~3倍を推奨しているので
1000万円の軍資金をもとに
しっかりと運用して年間300万円

これが最初のステップか。

ポンド円

商品詳細を見る